貸し切りで楽しむ

高速道路

貸切バスをレンタルするときも、引っ越しやリフォーム工事をするときと同じように、できるだけたくさんのバス会社と交渉をして、レンタル費用の見積もり書を作成してもらうのが鉄則です。 貸切バスの大きさ、つまり乗車可能な定員によって、レンタルに必要な金額はことなっています。最も大型のバスを一日中レンタルしたときには、約8万円から9万円が必要です。ただし、ゴールデンウィーク期間中や夏休みなど、利用者が多いときには、相場が大きく跳ね上がります。 利用者が多い観光シーズンにレンタルするよりも、平日などバス会社が暇な時や、オフシーズンを狙うと相場よりも安く借りることができます。交渉をするときも、強気にでて大丈夫です。

バスをレンタルするなら運転手付きで貸切るのがお勧めです。プロの運転手で安全に快適に、バス旅行を楽しめます。レンタカー料金にガソリン代や保険代を含めると、運転手付きで貸切った場合とほとんどかわらないからです。自分たちで運転する手間を考えると運転手付きで貸切ったほうがお得です。 事故を起こした場合でも運転手付きでレンタルした場合その時も運転手が対応してくれます。レンタルした場合バスを運転するメンバーに気を使う必要もまったくなく騒いだり、飲んだり、疲れたら寝ることもできます。バスは普段運転しないのでプロに任せるのがお勧めです。 しっているメンバーでいきたいのはわかりますがいざというときには、バスをレンタルしてプロにまかしたほうが旅行を楽しくいけると思います。